サロンメンバー募集中!

会費無料

悲恋の武将の妻、勾当内侍の墓@野神神社(勾当内侍の墓)・堅田

こんにちは!

アユフレンズの山口あゆ美です。


こうとうのないし、という方が

南北朝時代の武将、新田義貞の奥さんだというのは

ここを訪れて知りました。



かつてはきっと琵琶湖の波打ち際だったであろう

田んぼの中にある野神神社。



看板によると

後醍醐天皇の寵姫であった彼女を垣間見た義貞の

猛アタックによる大恋愛の末

天皇に許しを得て

妻にすることができたとのこと。


または、

戦での軍功の褒美として

下賜されたとも。


いずれにせよ

藤原家の雅な姫である勾当内侍に

無骨な坂東武者の義貞は

メロメロになったに違いありません(^^)


だんだん姫も

都の貴族の男にはない

男らしい義貞に惹かれて行ったのかも。。


幸せは長くは続かず

戦に向かう義貞と

今生の別れとなったのがこの地とも

また

義貞の死を知った勾当内侍が

ここからほど近い琴ヶ浜に身投げしたのを

哀れんだ村人たちが

塚を作り、亡骸を葬ったとも。



身投げした日が9月9日なので

その日がこの神社のお祭りだそうです。



太平記では

彼女との別れを惜しんで

義貞の出立が遅れ

足利尊氏に負けたのだ、とか

まるで

勾当内侍が悪女か傾城のように描かれていますが

勝者が書いた歴史なので

真実の程はわかりません。。



でも

もしも本当に彼女が悪女なら

こんなにも長く

村人たちが大切に塚を守り

祀っては来なかっただろうと思うのです。


太平記の頃のお話

全然知らないので

インスタ友さんが紹介されていた小説を

読んでみたいなあと思います。



35回の閲覧

ニュース・レター登録

AYU FRIENDS

  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン

AYU FRIENDS

メンバー登録はこちら

© 2019 by AYU FRIENDS.